ここから本文です

お盆休み明け 全国的に曇りや雨 東・西日本は蒸し暑さ続く

8/19(月) 5:32配信

ウェザーマップ

 きょう19日(月)は、東・西日本は曇りや雨の天気となりそうだ。北日本は午後から雲が多くなる見込み。また、厳しい暑さはおさまるところが多いものの、東・西日本は湿気が多く、蒸し暑さが続く見通しだ。

全国的にすっきりしない天気に

 日本の南海上にある太平洋高気圧はやや弱まり、本州付近には高気圧のへりを回って湿った空気が流れ込みやすくなっている。このため、東・西日本で広い範囲で曇りや雨となる見込み。
 また、九州の南西海上で熱帯低気圧が発生する見通し。今のところ、熱帯低気圧の急激な発達はない見込みだが、湿った空気の流れ込みにより、午後は西日本の太平洋側では、局地的に雷を伴って非常に激しい雨の降るおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風などに注意が必要となる。日本海にも低気圧が発生する影響で、日本海側も雨の降りやすい天気となりそうだ。
 一方、オホーツク海から北日本には高気圧が張り出し、冷たく湿った空気が北日本に流れ込んでいる。北日本は、午後は次第に雲が多くなりそうだ。

湿気多く蒸し暑さ続く

 各地で厳しい暑さはおさまるところが多いものの、湿度が高く、蒸し暑さが続く見通し。部屋の中では、温度管理だけではなく適度に除湿も行うようにしながら、熱中症などの健康管理に注意したい。

<19日の予想最高気温(前日差)>
札幌  28℃(+3℃)最も暑い時期を上回る
仙台  28℃(-6℃)平年並み
新潟  34℃(+1℃)最も暑い時期を上回る
東京  32℃(-3℃)平年並み
名古屋 32℃(-4℃)平年並み
大阪  33℃(-2℃)平年並み
福岡  27℃(-3℃)9月中旬並み
那覇  30℃(-2℃)平年並み
(気象予報士・崎濱綾子)

最終更新:8/19(月) 5:32
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事