ここから本文です

逆転Vの穴井詩、B.ケプカと同じクラブで掴んだツアー通算3勝目

8/19(月) 18:24配信

ゴルフネットワーク

 国内女子ツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメントは穴井詩の逆転優勝で幕を閉じた。今季TOP5入りが7度とこの優勝で賞金ランクは4位に浮上。今週導入したアイアンのことなど最終日のプレーを振り返る。

【写真】藤田光里と江澤亜弥が真剣勝負

―2年ぶりの優勝を手にした今のお気持ちは

 凄く嬉しいです。2年ぶりに、というこだわりはないですけど、練習してきて結果が付いてきてくれたことがなにより嬉しいです。所属先、契約先の皆様にお礼を申し上げたいです。

―優勝を意識し出したのはどの段階?

 12番の長いパットが入った時に「いけるかも」と思いました。なので、スタートの段階では上位陣に食らいついていけたらいいな程度の気持ちでした。

―プレーオフについて

 凄く緊張しました。あんなに緊張するのかってぐらいファーストパットは緊張しました。

―今シーズン調子をキープできている要因について

 昨シーズンは色々なクラブを試してバタバタした感じだったので、今週はまた変えましたけど、同じアイアンを使っていたことが良かったんだと思います。

―ミズノのアイアンJPX919ツアーを導入した理由は?

 ブルックス・ケプカ(米)やイ・ミニョン(韓)らショットメーカーが使っているモデルだったら間違いないだろうと思い、アメリカから取り寄せました。(効果は)ばっちりでした。今週はいい仕事をしてくれました。

―今シーズンの目標は

 通算4勝目を目指して、獲得賞金1億円を突破するためにも、あと1、2勝はしないといけないと思うので、勝てる試合で勝っていきたいです。

最終更新:8/19(月) 19:09
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事