ここから本文です

錦織 世界ランク7位へ後退、トップ5圏外に<男子テニス>

8/19(月) 11:12配信

tennis365.net

世界ランキング

男子テニスの8月19日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から2つ下げて7位へ後退した。

【錦織 最終戦ランク8位へ後退】

今後、錦織は26日からの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場予定。

また、W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で「ATPマスターズ1000」初優勝を飾ったD・メドヴェデフ(ロシア)は前回から3つ上げて5位へ浮上し、初のトップ5入りを果たした。

8月19日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
11,685ポイント(12,325ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
7,945ポイント(7,945ポイント)

■3位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
6,950ポイント(7,460ポイント)

■4位[ - ]…D・ティーム(オーストリア)
4,925ポイント(4,925ポイント)

■5位[ ↑3 ]…D・メドヴェデフ
4,195ポイント(3,230ポイント)

■6位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
4,005ポイント(4,005ポイント)

■7位[ ↓2 ]…錦織圭
4,005ポイント(4,040ポイント)

■8位[ ↓1 ]…S・チチパス(ギリシャ)
3,455ポイント(3,455ポイント)

■9位[ - ]…K・ハチャノフ(ロシア)
2,890ポイント(2,890ポイント)

■10位[ ↑1 ]…R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,575ポイント(2,395ポイント)

最終更新:8/19(月) 12:09
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事