ここから本文です

おかえり 高商ナイン/富山

8/19(月) 7:54配信

チューリップテレビ

 夏の甲子園で2年連続ベスト16入りを果たした高岡商業ナインが富山にかえってきました。
 高岡商業の選手たちは18日午後1時ごろ、甲子園から母校に戻り、およそ150人の生徒や保護者から盛大な拍手で迎えられました。

 高岡商業は、17日3回戦で大阪府代表の履正社と対戦。
 試合は9対4で敗れましたが、最後まで強豪相手に高岡商業らしい粘り強い戦いでくらいつき超満員のスタンドを沸かせました。
 帰校式では、吉田真監督が「部員73人全員が最後まで諦めず戦い抜きやればできるという姿を見せることができた」と2年連続ベスト16まで進んだ甲子園での戦いを振り返りました。
 そして、選手を代表して森田朝陽主将が「力を出し切る環境を作っていただいたたくさんの応援してくださったみなさまに感謝の気持ちでいっぱいですありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。

 森田朝陽主将「1,2年生のおかげでここまでこられたというのはあると思うので、1,2年生にもこの1年間必死に頑張って必ず甲子園という舞台で挑戦してもらいたいと思います」

 荒井大地投手「17日の試合は自分のせいで負けてしまったんですけど73人全員と一緒に野球ができて、甲子園でも2回勝ちみんなと野球ができたのが何よりも楽しかったです」

チューリップテレビ

最終更新:8/19(月) 7:54
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事