ここから本文です

前方+後方録画で“あおり運転”にも備えられるドラレコ3選

8/19(月) 21:00配信

&GP

近年、 あおり運転や幅寄せなどの違法行為を撮影したドライブレコーダー(ドラレコ)の映像がさまざまなメディアで取り上げられるなど、危険運転が社会問題になっている。

【テストレポートの写真はこちら】

ドラレコの導入は、トラブルに見舞われたときの証拠としてだけでなく、危険運転防止の抑止力として活用されるようになっているのだ。そこでカーグッズプレス編集部では、厳選したドラレコをタイプ別にテスト。取り付けやすさや使い勝手、画質、録画映像といった機能面から、話題の最新モデル、ドラレコ関連ニュースまで最新のドラレコ事情を6回に分けてお届けする。まだドラレコを導入していない人はもちろん、現在使用しているドラレコに不満がある人も要チェックだ。

第2回は注目を集めている「前方+後方録画」モデル。危険ドライバーによるあおり運転や追突による当て逃げにも対応でき、安心感が一層高まる。

それぞれ特徴のある高画質録画可能な3モデル

今回テストしたのは、前方と後方どちらも高画質で録画できる3モデルだ。

スマートレコ「WHSR-532」は、画面サイズが3.5インチと大きいうえにタッチパネルを搭載しているので操作しやすい。また、表示されるアイコンのサイズが大きく、押し間違いしにくくなっている。設定もわかりやすいので、初心者や年配者でも迷うことなく思いどおりの操作ができるはず。音声案内機能を備えているのも親切だ。

一方、本体が小さいため取り付けやすいのがユピテル「DRY-TW7500d」。ただしその分、ディスプレイと操作ボタンがやや小さめ。設定操作自体はわかりやすいので、多くの人がスムーズに扱えるだろう。オプション接続時に駐車監視モードへの切り替え(フレームレート変更)をワンタッチでできるのも便利だ。

PAPAGO!「GoSafe S70GSS11」は、操作キーが底面部分に並んでいるので一見分かりづらく感じるが、画面の下端にキーの役割を示すアイコンが常時表示されているので実際の使い勝手は良好。ディスプレイの文字も大きく、選択項目が黄色く表示されるので視認性もなかなか。走行中に速度や信号の出遅れ、ライト点灯などを音声と表示で知らせる運転支援機能も備わっている。

1/5ページ

最終更新:8/19(月) 21:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい