ここから本文です

凱旋2戦目の渋野日向子は1打及ばずの3位に今週は「何もしたくない(笑)」

8/19(月) 18:29配信

ゴルフネットワーク

 国内女子ツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメントは穴井詩の優勝で幕を閉じた。注目の渋野日向子は最終18番で3パットのボギーとしてしまい、1打及ばず3位タイで凱旋Vとはならなかった。そんな渋野が今大会を振り返る。

【動画】渋野日向子が日本人史上2人目のメジャー制覇

―今日のラウンドを振り返って

 今日は最後まで良いプレーが出来ていたと思います。パーオン率、ショットが良くない中で、パーをきっちりセーブし、チャンスホールでバーディが獲れていたので最終ホール以外は良かったです。

―18番のスリーパットについて

 プレッシャーではなく、緊張して手が(思うように)動かなかった感じです。ショートよりオーバーさせたいという気持ちがあのようなパットになってしまいました。

―3日間を振り返って

 本当に良いプレーは出来ていたと思いますが、最後のボギーで台無しになりました。

―10番で食べていたものは?

 マネージャーさんから頂いたマスカットです。

―来週の休日の過ごし方について

 特に予定はないですけど、ゴルフのことは忘れたいです。何もしたくないです(笑)

―次戦に向けて意気込みを

 今日もたくさん良いプレーがあったので、次に活かせるように頑張ります。

最終更新:8/19(月) 18:29
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事