ここから本文です

川村壱馬&志尊淳『HiGH&LOW』×『クローズ』『WORST』コラボ映画出演に感激【動画付き】

8/19(月) 22:11配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬(22)と俳優の志尊淳(24)が19日、都内で行われた映画『HiGH&LOW THE WORST』最速プレミア試写会 レッドカーペットセレモニーに登壇。川村は長年想い続けた『HiGH&LOW』シリーズへの参戦、志尊は子どものころから好きだという『クローズ』『WORST』作品への出演が実現し、それぞれ胸の内を明かした。

 川村は「会社でプロジェクトが発足した5年くらい前に『HiGH&LOW』を見かけて、それからシリーズに関わりたいとHIROさんにもずっと言い続けてきたんです。『将来出るから!』って親にも友達にも言っていて、今回出演できたことを心から光栄に思います」と感無量。

 さらに「今回の役はバカで明るく仲間を大事にして、人に対して熱くなれる男。自分にはない部分がたくさんあって、振り切らないと演じきれないと思いました。アーティストと役者業は分けて、どちらも120%でやっています。本気で向き合いました」と、“俳優”として全力で臨んだ役作りを振り返った。

 志尊は「中学生のころから見ていた作品なので、出演は夢のような時間でした。でも、好きだからこそのプレッシャーもあって、小学生、中学生、高校生のときに感じていた『何のためにケンカをしていたのか』を考えて、チーム一丸となって発信できればと思いました」と本作への愛からの重圧もあったことを明かした。

 この日は、前田公輝(26)、吉野北人(22)、神尾楓珠(20)、龍(20)、鈴木昂秀(20)、山田裕貴(28)、一ノ瀬ワタル(34)、葵揚(23)、小柳心(32)、荒井敦史(26)、白洲迅(26)、中務裕太(26)、小森隼(24)、久保茂昭監督(45)も登壇した。

 同作は、EXILE TRIBEが集結してドラマや映画などさまざまなメディアで展開されたプロジェクト『HiGH&LOW』シリーズと、累計発行部数7500万部突破の不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作:高橋ヒロシ)のクロスオーバーが実現した映画。

 舞台となるのは、『クローズ』『WORST』の戸亜留市と『HiGH&LOW』のSWORD地区、両シリーズの主な舞台となった街が交差した世界。『HiGH&LOW』シリーズの中でも一際、魅力を放った通称“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校と、『クローズ』『WORST』でおなじみの幹部以外スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園の両高校が登場。全日制の保たれていた均衡が崩れ、各一派が覇権を競う一大戦国時代を迎えた鬼邪高校と、過去最強と名高い新世代の鳳仙学園のメンバーが、闘い合うこととになる。

※高橋ヒロシ氏の「高」は、はしごだか

最終更新:8/19(月) 22:11
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事