ここから本文です

マスターズ初Vメドヴェデフ「最高の1週間」 初のトップ5入り<W&Sオープン>

8/19(月) 12:05配信

tennis365.net

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス決勝が行われ、第9シードのD・メドヴェデフ(ロシア)が第16シードのD・ゴファン(ベルギー)を7-6 (7-3), 6-4のストレートで破り、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初優勝を果たした。さらに19日発表の世界ランキングでは5位へ浮上し、初のトップ5入りとなった。

【錦織に「負けたと思った」とメドヴェデフ】

決勝戦、マッチポイントで10本目のサービスエースを決めたメドヴェデフは1時間39分でタイトルを獲得した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはメドヴェデフのコメントが掲載されており「言葉が見つからない。これまで激しい練習をしてきた。今日の勝利は本当にうれしい」と喜びを語った。

続けて「(第2セットの)5-3の時に痙攣していた。この3週間で痙攣が起きたのは初めてだった」と明かした。

メドヴェデフはシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500 )とロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)に続き、3週連続で決勝の舞台に臨んでいた。

「この3週間は驚くべきもの。こうしてトロフィーを手にできたことは、より一層いいこと。人生で最高の1週間だった。1番いいサービスが打てた1週間だった。自分のテニスは、とても安定していた。悪い試合は1つもなかった。最高に幸せな気持ち」

一方、敗れたゴファンは「彼(メドヴェデフ)はこの3週間、信じられないプレーをしていた。本当に安定している。ほとんどミスをしない。壁と打ち合っているみたいだった」と述べた。

「彼は本当に本当にいい選手。このサーフェスでコントロールが難しい時でも、彼は安定したプレーをする。正確に言うと、彼からウィナーを取るのは難しい。彼を祝福したい」

最終更新:8/19(月) 12:05
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事