ここから本文です

シンガーソングライター・コレサワが選ぶ「暑い夏に聴きたくなる曲」TOP3

8/19(月) 17:20配信

TOKYO FM+

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」は好奇心を刺激する“知識”と、日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる『知識+音楽のハイブリッドプログラム』。毎週ゲストをお迎えして、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けいたします。

8月18日(日)の放送では、シンガーソングライターのコレサワさんに「さまざまな夏のワンシーンに合う楽曲」をご紹介していただきました。

◆シンガーソングライター・コレサワさんが選ぶ“海に行くときに似合う楽曲”はJUDY AND MARYの「自転車」です

れに:夏っぽいですね。

コレサワ:めっちゃ好きなんですよ。高校生のときにジュディマリを知ってから、最近またブームが来てよく聴いているんですけど。自転車のベルの音が入っていたり、サウンドも爽やかだし、メロディも歌詞も良くて大好きな曲ですね。

清野:青春と自転車はセットですからね。

かなこ:確かにね~!

コレサワ:10代の頃って自転車しか交通手段がなかったじゃないですか? みんなでチャリこいで、めっちゃ楽しかったなと思います。

かなこ:その当時の感じを思い出せる曲を、年齢を重ねて聴くのがまた良いですよね。

コレサワ:“なんであんなに元気だったんだろうな?” みたいな(笑)。

れに:“なんでこんなに話すことあったんだろう?”とか、思うよね。

かなこ:毎日会ってるのに、毎日、放課後にどこか行って語って(笑)。

れに:青春だね~(笑)。

かなこ:真面目な話とかひとつも無かったじゃないですか? それが良いんですよね、覚えてなくて(笑)。

コレサワ:「飾らない日の おしゃべりは続き」っていう歌詞があって、確かにあの時は飾りもしなかったって(笑)。

◆“夏バテ解消、夏の疲れや暑さを吹き飛ばす1曲”!Helsinki Lambda Clubの「PIZZASHAKE」

かなこ:初めて聴きましたけど、とっても素敵な曲ですね。

コレサワ:Helsinki Lambda Clubは、同世代の男の子が3人で組んでいるバンドなんですけど。夏って、“楽しまなきゃ!”とか気持ちが焦るけど、それを落ち着かせてくれるような曲を選んでみました。Helsinki Lambda Clubは、他にも良い曲がいっぱいあるので、聴いてほしいですね。

れに:曲調に懐かしさを感じる~!

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 17:20
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事