ここから本文です

5歳から柔道を始めた全米2位の少年が“投げ技禁止”ですねちゃった? 最後はスゴイ展開に!

8/19(月) 19:50配信

テレ東プラス

柔道着を着ると、凛々しい姿になるカイルくん。大道場では、同じ歳くらいの子どもたちと一緒に稽古をつけてもらえる。まずはいきなり、全力疾走で道場3周!

次は投げ技の打ち込み練習。カイルくんは投げ技に自信ありだが、何やら注意を受けている様子。いったいどうした~!?

実は日本柔道の少年規定では、首の後ろを掴んで投げるのは危険なので禁止だそう。カイルくんの得意技だったが、アメリカではOKでも講道館ではNG!

思うようにいかず、練習が嫌になってしまうカイルくん。休憩時間、お母さんは「伝統的なやり方を練習しなさい。必ず試合で役に立つから」とアドバイスするが、そんなアドバイスにも「役に立たないよ。やらない!」とすねる。まさかここで辞めちゃうのー!?

カイルくんが柔道を始めたのは5歳の時。バリバリ練習しメキメキ強くなっていった。得意の投げ技でアメリカ2位に! カイルくんのママにとっては自慢の息子だ。ママいわく、「彼が負ける時は自分より背が高い相手。先生が『襟を掴め』と言うのに首を掴もうとして負けるの。だからここで正しい掴み方を努力して学んで欲しい。彼のプライドは傷ついたと思う。でもこれでもっと強くなるはず。」と息子の成長を願う。

言葉もわからないし、なかなか道場に戻れないカイルくん。そこで先生が「疲れたかい? それとも練習したい?」と声をかける。「基本が一番大事」というママと先生の説得で再び練習へ。今度は逃げ出すなよ~ッ!

正しい柔道を先生から学ぶカイルくん。いいぞ、とても成長したね! そして練習後には、日本の子どもから肘に当てる氷をもらった。これぞ仲間の証だ! 仲間からも「強い!」と言われて良い交流ができたカイルくん。どうやら心も学べたようだ。

そして帰国後。全米ジュニアオリンピック大会に出場したカイルくんは、見事優勝! すごいぞ! おめでとう! 将来がとても楽しみなカイルくん。これからも頑張って柔道に励んでね♪

※「YOUは何しに日本へ?」より

テレ東プラス

2/2ページ

最終更新:8/19(月) 19:50
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事