ここから本文です

濱田茉優「最終日のノーボギーは自信にもなった」ツアー初Vを逃すも賞金ランクは44位に急浮上

8/19(月) 18:58配信

ゴルフネットワーク

 国内女子ツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメントは穴井詩の優勝で幕を閉じた。初日から首位に立っていた濱田茉優は、最終日ノーボギーで回るもスコアを伸ばしきれず、ツアー初Vにあと一歩届かなかった。直近4試合の成績は25位以内(25位T、8位T、17位T、3位T)に入るなど、賞金ランキングも44位まで浮上している。来シーズンのシード権獲得を狙う濱田が今大会を振り返った。

【写真】藤田光里と江澤亜弥が真剣勝負

―今日のラウンドを振り返って

 優勝したかったので、悔しい気持ちが一番です。ただ、最終日にノーボギーでアンダーパーで回れたことは自信にもなったので、次に繋がると思います。

―1打及ばなかった具体的な差は?

 決めどころのパッティングを決めきれなかったので、そこはまた練習していきたいと思います。

―優勝争いで迎えた最終日について

 そんなに緊張はしていなかったです。

―ギャラリーの雰囲気について

 「濱田さん頑張れ!」と結構多くの声援を頂けたので、それを力に変えてラウンドすることが出来ました。

―今後の目標は

 コツコツ練習して、優勝ができるように一生懸命頑張っていきたいと思います。

最終更新:8/19(月) 18:58
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事