ここから本文です

多彩なレースで熱戦 北上・県一輪車競技大会【岩手】

8/19(月) 13:44配信

岩手日日新聞社

 2019県一輪車競技大会レース部門(岩手一輪車協会主催)は18日、北上市相去町の北上陸上競技場で行われた。未就学児から一般までの一輪車愛好者が出場し、各種レースで実力を競い合った。

 県内外の愛好者の相互交流や競技レベル向上を図ろうと開催。今大会には本県と青森県から男女約150人が集まった。

 400メートル、50メートル、100メートル各距離のスプリント種目のほか、片足レースやタイヤ乗りレース、スラローム、リレーといった多彩なレースで自己記録更新を目指した。

 懸命にコースを走行する選手たちに、会場からは「頑張れ」「ラスト、ラスト」などと温かい声援が飛び交った。

 同協会の三上敦史会長は「昨年は雨の影響で室内で行った種目もあったが、今年は天気に恵まれたので良いレースになるはず」と選手の奮闘を見守っていた。

最終更新:8/19(月) 14:51
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事