ここから本文です

J-WAVEが厳選! 8月に必ず聴きたい楽曲8選(後半編)【SONAR TRAX】

8/19(月) 17:10配信

J-WAVE NEWS

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)がセレクトするおすすめソング「J-WAVE SONAR TRAX」が発表された。8月のイチオシ楽曲とは……?

J-WAVEが選ぶ“いま聴くべき”NEXT BREAKアーティストの楽曲をまとめた「J-WAVE SONAR TRAX」。番組『SONAR MUSIC』(月~木 21時-24時)では、その中から毎日1曲をピックアップして詳しく紹介。その他の各ワイド番組でも、おすすめの楽曲を毎日オンエアしている。

まずは8月前半のラインナップ(全8曲)を紹介。

【邦楽】

1:ぜったくん「Catch me, Flag!!? feat. SUKISHA」

2018年に開催された新人発掘オーディション「ニューカマー発見伝2018」で最優秀アーティストに選ばれたぜったくんは、ラッパー/トラックメイカー。7月17日に配信リリースされたデビューシングル「Catch me, Flag!!? feat. SUKISHA」は、夏にピッタリのサマーチューン。

2:chelmico「Balloon」
RachelとMamikoからなるラップユニット。アンジャッシュ渡部建がナビゲートするJ-WAVEの番組『GOLD RUSH』(金曜 16:30-20:00)でレポーターも務めている。「Balloon」は、8月21日にリリースを控える2ndアルバム『Fishing』の収録曲。

3:秋山黄色「夕暮れに映して」

現役ニート・ソロ・アーティスト。作詞・作曲に加え、映像・イラスト制作を手掛ける。TVアニメ『けいおん!』に影響を受けベースを弾き始め、高校1年で初のオリジナル曲を手掛けた。今年1月に1st mini ALBUM『Hello my shoes』をリリース。「夕暮れに映して」は8月9日に配信リリースされる。

4:Suspended 4th「ストラトキャスター・シーサイド」

名古屋・栄出身、路上ライブを中心に活動する4人組ロックバンド。路上ライブの常識を覆す圧巻のライブパフォーマンスが注目を集め、多才なプレイで観るものを魅了する。「ストラトキャスター・シーサイド」は、7月24日にリリースされた1stミニアルバム『GIANTSTAMP』収録曲。

5:カムラ ミカウ「scandal arts」

1994年生まれ。作詞・作曲だけでなく、編曲、トラックメイク、プログラミング、ミックスまで行うシンガーソングクリエイター。アンビエントやエレクトロニカなど電子音楽の影響を受けた浮遊感に満ちたトラックに、温かみのあるギターと繊細な歌声が特徴。「scandal arts」は3rd E.P『ENVY』のリードトラック。

6:Rude-α「LIFE」

1997年生まれ、沖縄出身の新世代ラッパー。沖縄市の多種多様な人種、音楽のなかで育つ。近所の公園でフリースタイルラップを仕掛けられたことがきっかけで、ラップを始める。2018年に東京上京後初のEP『20』をリリースすると、iTunesヒップホップアルバムチャートで初登場1位を獲得。2019年5月には、メジャーデビューEP『22』をリリースした。7月31日リリースのニューシングル「LIFE」は、TVアニメ『Dr.STONE』のエンディングテーマ。

7:みゆな「ユラレル」

宮崎県在住、17歳のシンガー。2018年の夏より音楽活動を本格的にスタート。同年のa-nation長崎公演への出演をきっかけに歌声がSNSで大きな話題に。デビュー前のアーティストとしては異例の、TVアニメ『ブラッククローバー』の第5クールのOPおよびEDテーマに大抜擢、2019年2月には1stミニアルバム『眼』をリリース。7月24日にリリースしたデジタルシングル「ユラレル」は、吉岡里帆主演映画『見えない目撃者』の主題歌。

1/3ページ

最終更新:8/19(月) 17:10
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事