ここから本文です

大阪地区 コラム市況横ばい

8/19(月) 11:52配信

日刊産業新聞

 大阪地区のコラム(大径角型鋼管)市況は横ばいで推移している。市中相場はBCRがトン当たり10万8000-10万9000円(ベースサイズ、切断・開先込み)、STKRがトン当たり11万3000―11万5000円(同)どころ。母材コイルの価格が上昇しており、流通は採算確保のために現行価格の維持に努めていく。

最終更新:8/19(月) 11:52
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事