ここから本文です

埼玉の推計人口、4カ月連続で増加 7月は733万6254人、人口増が最多の自治体はさいたま市

8/19(月) 10:01配信

埼玉新聞

 埼玉県は7月1日現在の推計人口を発表した。総数は733万6254人(男365万6966人、女367万9288人)で、前月に比べ910人(0・01%)増え、4カ月連続で増加した。世帯数は2843世帯増え、315万858世帯。人口密度は1平方キロメートル当たり1931・7人だった。

住みたい街ランキング、大宮と浦和が順位上げる 大宮は初のトップ5入り、その理由は

 人口増減の内訳は、自然増減が799人(出生3961人、死亡4760人)の減少、社会増減は1709人(転入1万5661人、転出1万3952人)の増加。

 6月中に人口が増えた上位3位の自治体は、(1)さいたま市766人(2)川口市169人(3)戸田市131人。人口が減った上位3位の自治体は、(1)行田市89人(2)川越市72人(3)狭山市71人。減少率が最も高かったのは、越生町で0・49%だった。

 6月中の県内市町村間移動人数は9236人。川口市からさいたま市に移った300人が最多となった。

最終更新:8/19(月) 10:01
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事