ここから本文です

向井秀徳「衝動かもしれない。風が吹いた」 NUMBER GIRL再結成の理由を語る

8/19(月) 17:31配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。クリス・ペプラーが音楽を聴く隠れ家=「オトアジト」に毎週ゲストを迎え、大人な音楽談義を繰り広げるという番組だ。

NUMBER GIRLのスゴさを、川谷絵音&佐藤千亜妃が語る! 伝説のバンドになった理由は

8月3日(土)のオンエアでは、向井秀徳がゲストに登場。今年、再結成をしたNUMBER GIRLについて語った。

「やってよかった」再結成後のライブ

2002年に解散したNUMBER GIRL。今年の夏に再結成を果たし、7月27日に新宿LOFTでライブを行った。

クリス:17年ぶりのライブはどんな感じでしたか?
向井:どんな風景が見えるのか全く想像できなかった。もちろん色んな想いもあるけど、昔と全然変わってないなって。若干、私のテンポ感が遅くなっている感じもしましたけどね。年齢と共に。

今回のライブに向けて練習しているときは「いけるんじゃないか」という感触があったが、「本番はやってみないとわからない」という思いもあったと言う。

クリス:本番はどうでした?
向井:当時に舞い戻った感じ。演っていて全然違和感がないわけです。お客さんの感じとかも。すごくリアリティを感じました。
クリス:メンバー同士もすごくハマったんですか?
向井:もちろんみんなキャリアを積み重ねているので、それぞれの表現力が深みを増しているんですけど。とにかく「やってよかった」と思いました。

クリスは、NUMBER GIRLの音楽に影響された若手アーティストによく出会うと伝えると、それも再結成するひとつの要因だったと、向井は明かした。

向井:対バンする若いバンドの人に「NUMBER GIRL聴いています」「生まれたときには解散していたけど、YouTubeで聴いてます」と、嬉しいことにそう言ってくれる人たちがいまして。「じゃあ、もう一発やってやろうか」って。メンバーもまだ存命だしね。

ZAZEN BOYSに加入したMIYAがもたらしたもの

NUMBER GIRLを解散した翌年の2003年、向井はZAZEN BOYSを結成。当時の心境をこう語った。

向井:NUMBER GIRLとして福岡から東京に出てきて、ある種の攻撃する気持ちや「やったろか」っていう気負い、もちろん不安もあり、自分を奮い立たせる気持ちで走りまくったんです。それが息切れしたんですね。NUMBER GIRLは東京に来て3年で終わったんですけど、私は収まらないわけですよ。だから、「NUMBER GIRLというカタチはなくなったけど、またゼロからやってやろう」と。この際、また自分の地獄の自我が蘇ってきて「この自我を100パーセント発揮するバンドをしたい」と思ってZAZEN BOYSを始めました。

メンバー4人がいてひとつのカタチだったNUMBER GIRLに対して、「This is 向井秀徳。毒個性を存分にやらせてもらう」という気持ちでZAZEN BOYSはスタートした。

クリス:NUMBER GIRLを再結成しましたが、ZAZEN BOYSのメンバーはどうしていますか?
向井:同時進行でやってます。NUMBER GIRLの再結成をしようと思った理由はたくさんあるけど、ZAZEN BOYSもメンバーチェンジを繰り返すなかで、2018年にベーシストのMIYAが加入したんです。MIYAが入ってすごく新しい風が吹いたんです。すごくフレッシュな気分になり高揚した気分が相まって、「じゃあ、NUMBER GIRLもやったろか」みたいな。
クリス:2つのバンドがあると、もっとやりがいもあるのかな?
向井:あると思う。「NUMBER GIRLもやっていたし、またやるし、ZAZEN BOYSもやってるんですよ!」「どっちも俺ですよ!」「ほら見て!」みたいな。
クリス:どういう棲み分けをしていますか?
向井:色で言うと、ZAZEN BOYSはバーガンディで、NUMBER GIRLはネイビーブルーですね。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 17:31
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事