ここから本文です

インドネシア 相場安で錫輸出抑制姿勢

8/19(月) 13:23配信

日刊産業新聞

 インドネシアが錫輸出抑制の姿勢をちらつかせている。輸出を管理するインドネシア商品取引所(ICDX)の錫現物取引は7月28日の成約を最後に、3週間にわたってホームページ上で出来高ゼロの表示。国際相場が3年ぶり安値のトン1万7000ドル前後まで下落し、輸出ストップの構えで相場回復を図ったと考えられるが、国内扱い筋は実際の供給見極めには慎重なようだ。

最終更新:8/19(月) 13:23
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事