ここから本文です

ソフトバンク明石が値千金V打 松田宣が同点打

8/19(月) 12:46配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5―4西武(18日・ヤフオクドーム)

 明石が値千金の決勝打を放った。3-4の7回、松田宣の適時二塁打で追い付き、なお1死二塁で勝ち越しの適時二塁打。平井に2球で追い込まれながら3球目のフォークを捉え右翼へ運んだ。

【写真】明石は体内年齢18歳 驚異のヤングボディー

 「(7回表に、高橋)純平が勢いをつけてくれた。相手の勝ちパターンの投手から(打って)逆転できたのはチームにとっても大きい」。前日は10点差の8回に意地の3号3ランを放ったが、この日は勝利に直結する一打を放ち、満面の笑みをこぼしていた。

西日本スポーツ

最終更新:8/19(月) 12:46
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事