ここから本文です

凄まじいスタートダッシュ! アルカセルが早くも量産体勢

8/19(月) 16:52配信

SPORT.es

ボルシア・ドルトムントに所属するパコ・アルカセルはブンデスリーガに来て以降、カンプ・ノウのピッチ上では見せられなかった非常にハイレベルなパフォーマンスで驚きを与え続けている。

レアル・マドリーのエリクセンへのオファー

昨年は10月終了時、出場時間81分間で6ゴールをマークしていたアルカセル。そして今季もドイツスーパーカップ、DFBポカール、リーグの3試合で4ゴールと好スタートを切っている。

彼のシーズン最初のゴールはバイエルン・ミュンヘン戦だった。アルカセルの先制点で幕を開けると、ジェイドン・サンチョがダメ押し弾を決めてドルトムントにタイトルをもたらした。

数日後、DFBポカールの1回戦、KFCユルディンゲン05戦という勝利以外許されない一戦ではロイスが先制点をマークした後、アルカセルが追加点を決めて試合を終わらせた。

ジグナル・イドゥナ・パルクにアウクスブルクを迎えたブンデスリーガの開幕戦でも彼のゴールが期待された中、アルカセルは開始わずか3分で先制点をマークし、59分にもチームの4ゴール目をマークした。 ドルトムントは彼の活躍もあり、マニータ(5ゴール)で開幕節を締めくくった。

このようにアルカセルは今シーズンもとてつもないスタートダッシュを見せているが、彼もクラブも来年の5月までこの調子を維持することを望んでいる。
果たしてアルカセルの調子はどこまで続くのか、引き続き彼の動向に注目しよう。

SPORT

最終更新:8/19(月) 16:52
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事