ここから本文です

アニメ「あんさんぶるスターズ!」第7話、新EDは紅月 声優・神尾晋一郎も「かっこええ」と絶賛

8/19(月) 17:29配信

AbemaTIMES

 8月18日より順次放送中のアニメ「あんさんぶるスターズ!」の第7話から、エンディングテーマが劇中ユニット・紅月(アカツキ)の「月下無双、紅の舞」へと変わった。

 物語の舞台は、男性アイドル育成に特化した私立夢ノ咲学院。氷鷹北斗、明星スバル、遊木真、衣更真緒による4人組ユニット“Trickstar”は、夢ノ咲学院が主催するライブイベント、通称“ドリフェス”の中心となる生徒会に、改革を求めて立ち向かっていく。第7話「皇帝」で、Trickstarのメンバーたちは、夢ノ咲学院の生徒会長である“皇帝”天祥院 英智から解散を言い渡された。

 同アニメでは劇中ユニットがエンディングテーマを担当しており、第7話からは、生徒会副会長・蓮巳敬人が率いる和風ユニット・紅月の楽曲に変わった。これにメンバーの鬼龍紅郎役を演じる神尾晋一郎も「エンディングかっこええ」とツイート。

 当該ツイートに対して、ファンからは「前奏の1音目から鳥肌でした」「エンディングみて、かっこよすぎて泣いてました」「CD発売楽しみすぎます」「エンディング最高でしたね!」と称賛のリプライが寄せられている。

(C)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

最終更新:8/19(月) 17:29
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事