ここから本文です

J・フェリックス奪取のPK失敗したモラタ「僕のせいでチームは走る羽目に…フェリックスは世界最高の一選手になる」

8/19(月) 23:03配信

GOAL

18日のリーガ・エスパニョーラ第1節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのヘタフェ戦に1-0で勝利した。アトレティコの先制点を記録し、その後にPKを外してしまったFWアルバロ・モラタは、チームに迷惑をかけたと反省を口にしながらも、最終的に勝利をつかんだことへの満足感も表している。

【動画】フェリックスの強烈ミドル弾!

この試合の前半にヘディングシュートで先制点を記録したモラタだが、後半にはFWジョアン・フェリックスが3人抜きのドリブルから獲得したPKのキッカーを務め、ヘタフェGKダビド・ソリアに止められた。リードを広げられなかったアトレティコは、1点のリードを守り切る形で開幕戦勝利を飾っている。

試合後、ディエゴ・シメオネ監督の後に会見場に姿を表したモラタは、PK失敗について次のように振り返った。

「PKを失敗したが、そういう役回りになることだってある。自分のせいで、チームはもっと走る羽目になってしまった。今日は自分が失敗したけど、また違う日にはほかの選手が失敗をする。それがフットボールというものなんだよ。僕たちは難しいチームとの試合に臨んだが、最後には勝利をつかんだ。もし自分がPKを決めていれば、また違う展開になったんだろうけど、でも勝利をつかんだことが何より大切だ」

「PKの場面では彼(ダビド・ソリア、レアル・マドリーで一緒だった時期もある)がどう動くのかを見るために我慢をした。彼は僕のことを知っているし、シュートをうまく止めたね。でも、重要なのは僕たちが勝利をつかんだことだ」

「PKキッカー? もちろんジエゴ・コスタが務め、彼がいないときには僕になる。確かに失敗したが、次に出番が回ってくるときにはしっかり決めたい。ダビドは小さい頃から僕のことを知っているんだよ」

その一方で、毎試合といったペースで衝撃的なプレーを連発する19歳J・フェリックスには、称賛の言葉を惜しまなかった。

「彼は信じられない才能の持ち主だ。今の道を進み続けるならば、世界最高の選手の一人になれるだろう」

この試合ではレアル・マドリーMFルカ・モドリッチに続いて、ヘタフェFWホルヘ・モリーナがアキレス腱の踏みつけ行為で退場処分となったが、モラタはこの新競技規則についてどう考えているのだろうか。

「伝えられたのは、そういった行為はすベてレッドカードになるということだった。常にそういう基準でレフェリングされるならかまわないし、気をつけないといけない」

取材・文/江間慎一郎

最終更新:8/19(月) 23:27
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事