ここから本文です

なぜ?男が妻以外の女性に弱みを見せる理由

8/19(月) 21:50配信

All About

◆旦那が弱音を吐かない……妻に弱みを見せない男の心理とは

男は妻には、なかなか自分の心の内を見せられない。一方で、妻以外の女性には心の底までさらけ出してしまうことがある。

ただ相手を口説きたいがために、意図的に(あるいは、本人としては無意識に)弱みを見せて気をひこうとするケースもあるが、ここでは、実際に妻以外の女性とつきあっていくうちに、どんどん男性が素直になっていくケースを見てみたい。

◆旦那が弱音を吐けないのは、妻とは同志だから?

まず、男性たちは妻に対してどう感じているのだろうか。

「うちは共働きでふたりの子を育ててきたから、完全に対等な関係。同志といってもいいかもしれません。だから愚痴は言えないですね。ちょっと何か言うと、『私だって大変なのよ』『あんただけがつらいわけじゃないからね』って怒られちゃう」(46歳・既婚男性)

「妻からの要求がきついんですよね。彼女がパートに出るようになったのは、僕の給料が減ったから。『本当は専業主婦でいたかったのに』と言われると、肩身が狭くて……。妻の両親が近くに住んでいるのですが、『あの子は体が丈夫じゃないんだから、無理させないでくださいよ』と皮肉交じりに言われる。つらいです」(37歳・既婚男性)

男たちが置かれた環境は、経済的にも精神的にもあまりいいとは言えない。実質的に収入は減るばかり。一方で、育児をしない夫は夫にあらず、家事もやらない、と妻からはバッシングの嵐。

女性は友だち同士で「女子会」と称して集まって愚痴ることもできるが、男にはそうした習慣がない。男同士は一緒に飲んで愚痴り合っているように見えながら、実はなかなか本音を言い合えないものなのだ。

◆男が弱音を吐いて本音を出せるのは、恋愛関係にある女性!?

そんな男たちが、ふとした拍子に恋に落ちることがある。

相手は独身の場合もあれば、既婚のこともある。お互いに、心寄せ合える関係だと認識すると、男は徐々に心の内を見せるようになっていくようだ。

「同窓会で再会した、かつて同級生だった男性とつきあって1年半になります。最初は懐かしくて一緒に食事をして、いろいろなことを話しましたよ。夫婦関係についても、子どもたちのことも。そうしているうちにお互いにかけがえのない存在になってしまった。彼は、家にも会社にも居場所がないということをよく言いますね。いつも『大丈夫、あなたならがんばれる』と励ましています」

44歳の既婚女性、ヨシエさんはそう言う。お互い、配偶者には話せないことも打ち明けられる存在になった。そんな彼と話しているうちに、もしかしたら夫も、こんなふうに愚痴を言ったり弱みを見せたりしたいのではないか、と思い当たった。

「だから、夫にも優しくするようになりました。それでも夫は、なかなか弱さをさらけ出そうとはしない。夫は夫なりにそうやってがんばることで、妻より優位に立ちたいという気持ちがあるのかもしれませんね。それならそれで見守っていけばいい。今はそんなふうに思っています」

男は妻からの労りにも素直に応えようとしないものなのだろうか。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 21:50
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事