ここから本文です

【米ビルボード・アルバム・チャート】スリップノット初登場1位、リック・ロス/トリッピー・レッドが続く

8/19(月) 15:30配信

Billboard JAPAN

 ヘヴィメタル・バンド、スリップノットの最新作『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 本作は、2014年10月発表の『.5:ザ・グレイ・チャプター』から約5年ぶり、通算6作目のスタジオ・アルバム。その前作、2008年の4thアルバム『オール・ホープ・イズ・ゴーン』から3作連続で1位に輝き、全英(UK)チャートでも2001年の2ndアルバム『アイオワ』以来、およそ18年ぶりに首位獲得を果たしている。なお、全英チャートでヘヴィメタル・バンドのアルバムが1位になるのは、アイアン・メイデンの『ザ・ブック・オブ・ソウルズ』(2015年)以来、4年ぶりの快挙。

 『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド 』の初動ユニットは118,000で、そのうちアルバムの売上枚数が102,000枚と、そのほとんどがセールス・ポイントによるものだった。セールスが好調だった理由として、昨今主流のコンサート・チケットとの交換特典が挙げられる。スリップノットは、1999年のデビュー作『スリップノット』(最高51位)以外の5作、2nd『アイオワ』(3位)、3rd『VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)』(2位)の全てが全米TOP3入りを果たしている。

 本作からは、1stシングルの「アンセインテッド」がメインストリーム・ロック・エアプレイ・チャートで10位を記録し、アルバムのプロモーションに繋げた。同チャートでのTOP10入りは、2015年の「キルポップ」以来約4年ぶり、通算7曲目のランクイン。ロック・ソング・チャートでは4位まで上昇し、ピーク・ポジションを記録した同週の最人気トラックとして注目された。全英ロック・チャートでも、最高2位まで上昇するヒットを記録している。

 続いて2位に初登場したのは、米マイアミを代表するラッパー=リック・ロスの新作『ポート・オブ・マイアミII』。初動ユニットは80,000で、そのうちアルバムのセールスが25,000枚、ストリーミングによるユニット数は53,000と、いずれも安定したポイントを獲得した。週間視聴回数は6,750万回で、ストリーミング・チャートでは初登場1位に輝いた。

 本作は、2017年3月リリースの『ラーザー・ユー・ザン・ミー』からおよそ2年半ぶり、記念すべき10作目となるスタジオ・アルバム。デビュー作にしてNo.1を記録した『ラーザー・ユー・ザン・ミー』(2006年)から、3rdアルバム『ディーパー・ザン・ラップ』(2009年)までの3作が連続で、5thアルバム『ゴッド・フォーギヴス、アイ・ドント』(2012年)、6thアルバム『マスターマインド』(2014年)の計5枚が1位を記録し、これまでリリースした全てのアルバム(コンピ、コラボ盤を除く)がTOP10入りを果たしている。

 今週は、TOP3全てが初登場作品。3位にデビューしたのは、米オハイオ州出身のラッパー、トリッピー・レッドの2ndアルバム『!』。昨年8月に発表したデビュー作『ライフズ・ア・トリップ』の4位を上回る、自己最高位更新にして2作目のTOP3入りを果たした。なお、2018年11月にリリースしたミックステープ『ア・ラヴ・レター・トゥ・ユー3』も同3位を記録していて、通算3作目のTOP10入りとなる。

 『!』の初動ユニットは51,000で、そのうちアルバムの実売が7,000枚、4万強はストリーミングによるユニット数だった。本作からは、1stシングルの「Under Enemy Arms」と、リル・ベイビー&リル・ダークの2人をゲストに迎えた2ndシングル「Mac 10」が、いずれもR&B/ヒップホップ・チャートでTOP50入りしているが、大ヒットといえるほどの宣伝効果はなかった。

 TOP10以下では、ビリー・アイリッシュの『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』が3位から4位に、エド・シーランの『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』が2位から5位に、クリス・ブラウンの『インディゴ』が5位から6位に、それぞれ下降した。また、先週1位に初登場したドレイクの『ケア・パッケージ』は、71%もポイントを落として8位までランクダウンしている。

 一方、シングル「トゥルース・ハーツ」のヒットを受け、リゾの『コズ・アイ・ラヴ・ユー』は8位から7位に上昇し、カリードの『フリー・スピリット』は13位から9位に、リル・ナズ・Xの『7』は11位から10位に、それぞれTOP10復帰している。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、8月23日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド 』スリップノット
2位『ポート・オブ・マイアミII』リック・ロス
3位『!』トリッピー・レッド
4位『ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?』ビリー・アイリッシュ
5位『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』エド・シーラン
6位『インディゴ』クリス・ブラウン
7位『コズ・アイ・ラヴ・ユー』リゾ
8位『ケア・パッケージ』ドレイク
9位『フリー・スピリット』カリード
10位『7』リル・ナズ・X

最終更新:8/19(月) 15:30
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事