ここから本文です

7月のミラーレス一眼販売動向、「EOS Kiss M」にソニー人気モデルが肉薄

8/19(月) 19:00配信

BCN

 全国の家電量販店やECショップからPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、7月のフルサイズミラーレス一眼の販売台数は前年同月比で109.3%と伸長した。メーカー別では、1位のキヤノンが84.0%と2ケタ減となったが、2位のソニーが122.8%、3位のオリンパスが104.7%で前年を超えた。



 7月各週のメーカー別販売台数シェアでは、キヤノンとソニーがトップを巡って競り合い、最終週でソニーが抜け出してシェア30%を超えた。オリンパスも最終週で大きくシェアを伸ばし、キヤノンを抜いて2番手に浮上している。直近3カ月はキヤノンが圧倒的優位に立っていたが、ここにきて上位3社の差は詰まってきている。
 

 シリーズ別の販売台数シェアでは、キヤノンの「EOS Kiss M」が13.7%で1位、ソニーの「α6400」が12.9%で2位にランクイン。これまで、EOS Kiss Mが長らく圧倒的なシェアを誇っていたが、7月は1ポイント差と肉薄。販売金額シェアでは、α6400が16.2%、EOS Kiss Mが12.3%で逆転している。(BCN・大蔵 大輔)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

最終更新:8/19(月) 19:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事