ここから本文です

【MLB】大谷翔平が“お目覚め”16号 米メディア続々速報「球宴休み後は2本目だ」

8/19(月) 10:04配信

Full-Count

7回に19戦74打席ぶり16号2ラン 5打数2安打2打点

■エンゼルス 9-2 Wソックス(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地のホワイトソックス戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場。7回の第4打席で16号2ランを放った。8月初アーチで、自己最長ブランクの19試合74打席ぶりの本塁打。8回の第5打席では一塁内野安打を放ち、今季30度目のマルチ安打を記録。5打数2安打2打点1得点1三振で、打率.299とした。チームは9-2で大勝し、2連勝を飾った。

【動画】遂に出た! 大谷翔平が8月初アーチ、スタンドまで4.8秒で到達した弾丸16号弾の瞬間

 5-1で迎えた7回無死一塁。大谷は2番手左腕デトワイラーからバックスクリーンへアーチをかけた。2ボール2ストライクから88.3マイル(約142キロ)の外角カットボールをバットに乗せ、7月27日の本拠地オリオールズ戦の第2打席で放って以来のアーチ。初回2死は二ゴロ、3回1死二塁は空振り三振、5回先頭は右飛と3打席凡退した後の一発で、10日の敵地レッドソックス戦からの連続試合安打をメジャー自己最長の9に伸ばした。

 久々のアーチに米メディアも続々と速報した。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番、ジェフ・フレッチャー記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニがオールスターブレーク後2本目、今季16本目の本塁打を放った。この2ラン本塁打でエンゼルスは7回に7-1でリード」と速報。MLB公式サイトのエンゼルス番、レット・ボリンジャー記者も「ショウヘイ・オオタニがセンターへ2ラン本塁打。オールスターブレーク後、2本目の本塁打。7回にエンゼルスが7-1でリード」とツイートした。

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のマイク・ディジオバンナ記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニがセンターへ2ラン本塁打をかっ飛ばし、エンゼルスがホワイトソックスに7-1でリード。オールスターブレーク後、オオタニにとって2本目の本塁打だ」と伝えた。

 9-1で迎えた8回2死では快足を飛ばして一塁内野安打とした。3試合ぶり今季30度目のマルチ安打をマークした。チームは大勝し、2連勝。久々のアーチで勢いに乗っていきたいところだ。

Full-Count編集部

最終更新:8/19(月) 10:04
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事