ここから本文です

【MLB】SNS投稿が生んだ“奇跡のファン”が1回3K衝撃デビュー! 「おとぎ話に新たな章が…」

8/19(月) 20:31配信

Full-Count

スピードガンコンテストで155キロをマークしSNSを通じてアスレチックスと契約したパッターソン

 球場内に設置されたファン用のスピードガンで最速96マイル(約154.5キロ)の剛速球を投じアスレチックスと選手契約を結んだネイサン・パッターソン投手がルーキーリーグで衝撃のデビューを果たした。先発で1イニングを投げ3者三振とこれ以上ないデビュー戦に米メディアも「ハリウッドのような旅は、力強いスタートを切った」と伝えている。

【動画】この投球でアスレチックスと契約…パッターソンが球場内に設置されたファン用のスピードガンで96マイルの剛速球を投げ込んだ実際の映像

 ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで行われたファン向けの企画「スピード・ピッチ・チャレンジ」に参加し最速96マイル(約154.5キロ)の剛速球を披露しSNSがきっかけでアスレチックスと契約した“奇跡のファン”パッターソン。15日(日本時間16日)に行われたルーキーリーグで衝撃のデビュー戦を飾った。

 アリゾナリーグの対カブス戦に先発したパッターソンは先頭から3者三振と完璧な内容でデビュー戦を飾った。米紙「USAトゥデイ」は「アスレチックスと契約したファン、パッターソンがマイナーデビュー戦で奪三振」と見出しを付け、パッターソンの衝撃のデビュー戦を伝えた。

 記事ではファンからプロ野球選手になったシンデレラストーリーを言及しながら「パッターソンのおとぎ話に新たな章が加わった。彼はデビュー戦で最高に素晴らしかった」と、1回3奪三振のデビュー戦を絶賛。さらにパッターソン自身のインスタグラムも紹介。

「昨夜はプロデビューを果たし、素晴らしくて、本当に幸せでした。正直、最初のストライクを投げるまで緊張していました。最高の状況であり、家族、友人、チームメート、コーチたちの愛とサポートに感謝しきれません。まだ先は長く、そのことが楽しみでもあります」

 夢を現実のものにしたパッターソンは球団、家族らへの感謝、そして今後の抱負も口にしている。そして記事の最後には「23歳のハリウッドのような旅は、力強いスタートを切った」と締めくくっている。

Full-Count編集部

最終更新:8/19(月) 20:31
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事