ここから本文です

レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン「後半戦にはもっと勝ちたい。ホンダのホーム、鈴鹿に行くのも楽しみ」

8/19(月) 18:06配信

オートスポーツweb

 レッドブル・ホンダF1チームのマックス・フェルスタッペンは、ここまでの12戦を振り返り、とてもいいシーズン前半戦を過ごしたと述べ、2019年後半戦にさらに勝利を挙げたいと意気込んでいる。

【関連写真】2019年F1第9戦オーストリアGPで優勝を飾ったマックス・フェルスタッペン

 12戦でフェルスタッペンはすべてトップ5以上に入り、優勝2回、2位1回を挙げて181点を獲得、ドライバーズランキング3位の座についている。

「とても好調だけど、いつだってもっとうまくやれる余地はあるものだ」とフェルスタッペンはチームのインタビューにおいて語った。

「ほとんどのレースで最大限のリザルトを引き出せたと思うし、マシンにも満足できた。でももちろんこれからもっと勝ちたいと思っている」

「シーズン序盤は、マシンの面で思っていたよりも苦労した。でもこうして2回勝つことができたのでよかったよ。チームはマシンを向上させてきたし、ホンダの方もエンジンを向上させたと思う」

 オーストリアでの今季初優勝は、レッドブルの地元であったこと、ホンダにとって2006年以来の優勝であったことから、レッドブル・ホンダ全体にとってここまでで最大のハイライトといえるだろう。

「何よりホンダのことを考えるとこの優勝はうれしかった。優勝は毎回うれしいものではあるけれど、彼らにとっては特に感慨深いものだった。それが僕らのホーム、オーストリアで実現したのだから、なおさらうれしい気持ちになったよ」


 今季2勝目を挙げたホッケンハイムのレースについて、フェルスタッペンはチームワークが勝利のカギになったと語った。

「本当に難しいレースだった。コンディションが変化し続け、ミスが出やすい状況だった。でも僕らチームはとてもうまく対応したと思う」

「コミュニケーションもピットストップもうまくやり、集中を切らさなかった。それが一番重要だった。正しい戦略を選び、コミュニケーションをうまくとって、正しいタイミングで正しいタイヤを履いたんだ。スリックタイヤを装着してトップを走行している時の僕をオーバーテイクするのは難しかったと思う」

「ピットストップ(の速さ)はとても重要だった。あれほど困難な状況で(ピットストップタイムの)記録を更新したなんて、すごいことだ」

■シーズン後半に向け気合が入るフェルスタッペン「早く鈴鹿のファンに会いたい」

 ハンガリーの予選で最速タイムを記録、自身初のポールポジションを獲得したフェルスタッペンは、F1史上100人目のポール獲得経験ドライバーとなった。

「初めてのポールポジションだから、ずっと記憶に残ると思う。燃料が少ない状態で走る予選ラップは本当に楽しい。レッドブルの全員、そしてホンダにとって、とてもいい一日になった」

 フェルスタッペンの存在が今のF1を面白くしていると言う声が多いが、「すごいショーを披露するためにここにいるわけじゃない。その時のベストのリザルトをつかもうとしているだけなんだ」とフェルスタッペンは言う。

「予選で4番手か5番手に終われば、決勝でオーバーテイクしなければならない。そうなると自然にアクションが生まれる。僕は勝利を目指してコース上で戦うのが好きだ。退屈なレースもあったが、最近はいいレースが続いている。ファンにとっていいことだよ」

 F1は現在、サマーブレイク中であり、チームによるとフェルスタッペンはガールフレンドと休暇を過ごしているという。休み明けのベルギーGPの舞台、スパ・フランコルシャンはお気に入りのサーキットだというが、フェルスタッペンはホンダのホーム、日本GPもとても楽しみにしている。

「鈴鹿に行くのがすごく楽しみだ。ホンダはもちろん、僕らチームも熱心に応援してもらえるだろう。情熱的なファンが集まって声援を送ってくれるだろうから、楽しみにしているんだ」


[オートスポーツweb ]

最終更新:8/19(月) 18:07
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事