ここから本文です

涼を求め、家族で水遊び 津幡・木窪大滝にぎわう

8/19(月) 1:17配信

北國新聞社

 盆休み最終日の18日も、石川県内は高気圧に覆われて晴れた。津幡町牛首の木(きの)窪(くぼ)大滝には涼を求める大勢の家族連れが集まってにぎわい、夏季恒例の流しそうめんや水遊びを楽しんだ。

 この日の最高気温は金沢34・0度、七尾33・6度と真夏の暑さが続き、全11観測地点で30度を超えた。高さ約15メートルの滝は連日の晴天で細り、水量は多くなかったが、子どもたちは強い日差しの下、川に足を浸して冷たい水の感触を味わった。

 金沢地方気象台の予報では、県内は19日からの1週間、気圧の谷や湿った空気の影響で雨の日が多くなる。最高気温は29~33度と平年並みに落ち着く見込みという。

 JR西日本金沢支社によると、18日は金沢発大阪行き特急サンダーバード1本で自由席乗車率が100%を超えた。指定席はサンダーバード3本、名古屋方面行きしらさぎ4本、東京行きの北陸新幹線かがやき5本、はくたか7本がそれぞれ満席になった。今年のUターンはピークが分散している。

北國新聞社

最終更新:8/19(月) 1:17
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事