ここから本文です

ブラジル出身FWエウケソンが中国代表に招集…W杯予選に出場へ

8/19(月) 17:39配信

SOCCER KING

 中国スーパーリーグの広州恒大に所属するFWエウケソンが中国代表メンバーに招集された。18日、AFC(アジアサッカー連盟)の公式サイトが伝えている。

 ブラジル出身で現在30歳のエウケソンは、2013年1月に広州恒大に加入すると、2013年、2014年と2年連続で中国スーパーリーグの得点王に輝く活躍を披露。2016年1月には上海上港に移籍し、今年7月に広州恒大に復帰を果たした。中国スーパーリーグではここまで153試合に出場し、102ゴール44アシストを記録している。

 ブラジル代表としてはU-23で1試合出場したことのあるエウケソンだが、フル代表ではこれまで出場したことがない。しかし、2013年から中国でプレーしていることで中国代表でプレーする資格を取得。これにより、2022 FIFAワールドカップ カタールのアジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選に挑むマルチェロ・リッピ監督率いる中国代表に招集された。

 長年、中国代表は帰化選手の招集を拒否してきたが、今年6月にはかつてアーセナルやブレントフォードなどでプレーしたMFニコ・イェナリスが帰化選手として初のデビューを飾った。ロンドンで生まれた同選手は母親が中国人だったが、エウケソンは中国にルーツを持たない選手としては史上初の代表入りとなるようだ。

SOCCER KING

最終更新:8/19(月) 17:39
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事