ここから本文です

ファーウェイ、「Googleマップ」に代わる独自の地図サービスを準備中か

8/19(月) 12:21配信

CNET Japan

 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が「Googleマップ」に代わるサービスに取り組んでいるようだ。中国の国営英字紙China Dailyによると、Huaweiは「Map Kit」と呼ばれる独自の地図サービスを開発中で、10月に登場する可能性があるという。同社は8月に入り、独自の新OS「HarmonyOS」を発表し、Googleの「Android」OSを使えない場合にこのOSを投入するとしていた。

 この地図サービスは、一般ユーザー向けというより、地図機能をベースにアプリケーションを作成するソフトウェア開発者向けのツールとして想定されているようだ。ローカルの地図サービスに接続し150の国と地域をカバーするほか、40の言語で利用できるという。

 この件について知る消息筋がChina Dailyに伝えたところによると、Booking.comの親会社Booking Holdingsは、Map Kitに関してHuaweiと提携しているという。

 米CNETはHuaweiにコメントを求めたが、回答は得られていない。5月にDonald Trump米大統領がHuaweiをブラックリストに掲載して以来、同社はGoogleのサービスの利用を継続できるかどうか、先行き不透明な状態が続いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:8/20(火) 9:41
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事