ここから本文です

シュミット3戦連続フル出場のシントトロイデン、複数失点&退場者響き2戦ぶり黒星

8/19(月) 7:46配信

ゲキサカ

[8.18 ベルギー・リーグ第4節 アントワープ2-0シントトロイデン]

 ベルギー・リーグ第4節が18日に行われ、GKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨の所属するシントトロイデンは敵地でアントワープと対戦し、0-2で敗れた。シュミットは3試合連続で先発フル出場。鈴木はベンチ外だった。

 11日の前節スタンダール・リエージュ戦(2-1)で開幕からの連敗を2で止め、今季初白星を挙げたシントトロイデン。だが、この試合で途中出場から逃げ切りに貢献していたDF遠藤航が13日、ブンデスリーガ2部のシュツットガルトへの期限付き移籍が決まった。

 連勝を狙うシントトロイデンは前半10分、PA内へ抜け出したアントワープMFリオル・ラファエロフにワンタッチで決められると、後半10分にはPKからFWディウメルシ・ムボカニに追加点を献上。今季2度目の複数失点を喫する。

 反撃を試みたかったが、後半34分にFWヨアン・ボリが2度目の警告で退場。0-2のまま終了のホイッスルを聞き、2試合ぶりの黒星を喫した。

最終更新:8/19(月) 8:46
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事