ここから本文です

ディア株急伸、予想より小幅な見通し引き下げで投資家の警戒感和らぐ

8/19(月) 8:45配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 16日の米株式市場で、米農機メーカー、ディアの株価が急伸。同社が貿易戦争や世界的な景気鈍化を乗り切ろうと取り組む中でコスト削減を表明したほか、2019年10月通期の見通し引き下げが一部投資家が懸念したほど大きくなかったことが好感された。

ディア株は3.8%高と、7カ月ぶりの大幅高で終了。週初からの下げをやや縮小した。一時5.1%高を付けた。16日発表された5-7月(第3四半期)の利益は市場予想平均を下回ったものの、同社の新たな見通しと効率向上の方針表明が、2週間にわたる農業市場の混乱で打撃を受けた投資家に安心感をもたらした可能性がある。

ゴールドマン・サックス・グループのアナリストは顧客向けリポートで、ディアの5-7月期決算と見通しについて、「懸念していたよりも抵抗力がある」との見方を示した。

原題:Deere Gains as Savings Vow, Forecast Ease Investors’ Alarm (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Lydia Mulvany

最終更新:8/19(月) 8:45
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事