ここから本文です

米韓、在韓米軍の駐留費負担巡り週内に事前協議-朝鮮放送

8/19(月) 11:59配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米韓両国は在韓米軍の駐留経費負担に関する協定の正式交渉に先立ち、週内に事前協議を行うと、韓国のテレビ局、朝鮮放送が18日に報じた。

朝鮮放送が匿名の外交関係者を引用して報じたところでは、米国務省のティモシー・ベッツ防衛費分担交渉代表は韓国外務省の張元三(チャン・ウォンサム)氏ら高官との会談に向け、18日に韓国に到着した。韓国外務省報道官にブルームバーグはコメントを求めたが、これまでに返答はない。

ベッツ、張両氏は9月に見込まれる11回目の同協定交渉に備えるため20日に協議する。韓国の聯合ニュースが外交関係者を引用して伝えた。トランプ米大統領は最近のツイートで、米国が提供する軍事防衛に対する韓国の支払いを増やすための「協議が始まった」とし、韓国は「非常に裕福な国だ」とも述べていた。

原題:South Korea, U.S. to Meet to Discuss Troop Costs: TV Chosun(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Heejin Kim

最終更新:8/19(月) 11:59
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事