ここから本文です

サルビーニ氏は「もはや信頼に足る対話の相手でない」-五つ星が表明

8/19(月) 14:17配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): イタリアのポピュリスト政権を構成する反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党、「五つ星運動」は18日、連立パートナーである「同盟」とその指導部について、「もはや信頼に足る対話の相手ではない」と表明した。同盟と距離を取る五つ星の今回の動きは、政界再編につながりかねない完全な関係解消のきっかけになると予想される。

サルビーニ副首相が率いる同盟は20日の上院採決でコンテ政権の不信任案可決を目指している。これに対し、五つ星はコンテ首相支持を表明し、各党の主導権争いが始まった。不信任案が可決されるか、首相が辞任し、その後多数派工作による暫定政権発足に失敗した場合、総選挙が実施される可能性がある。

同盟と連立を解消することになれば、五つ星は新政権発足に向け民主党(PD)と組むと考えられるが、PDの実力者であるプローディ元首相の支持を得たことにより、18日時点で実現の見込みが高まったと受け止められる。

原題:Italy’s Five Star Says Salvini ‘No Longer Credible Interlocutor’(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Vernon Silver, Alessandro Speciale

最終更新:8/19(月) 14:17
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事