ここから本文です

【ハースF1】シュタイナー「うちに興味を持っているドライバーも少なくない」

8/20(火) 11:57配信

TopNews

ハースF1を率いるギュンター・シュタイナー(チーム代表)が、2020年シーズンに向けて何人かのドライバーと話をしていることを示唆した。

【最新】2019年F1世界選手権ポイントランキング

2016年にF1参戦を開始したアメリカンチームのハースだが、その年と翌2017年のコンストラクターズランキングを8位で終えたチームは3年目の2018年には5位にまで順位を上げていた。

ところが、4年目の今季はピレリの2019年仕様タイヤに苦しめられ、現時点ではランキング9番手に沈んでしまっている。

さらに、タイトルスポンサーとなったリッチエナジーがさまざまな問題を起こしたり、ドライバーのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンが何度か同士討ちをしてしまったりと、今季のハースはなかなか歯車がかみ合わない状況となっている。

2016年からハースで走ってきたグロージャンだが、うわさによれば今季限りでシートを失うことになるだろうとの見方が強いようだ。

だが、現在のチーム戦力からすれば、グロージャンの後任としてハースで走りたいと思うドライバーがいるかどうかも懸念材料となりそうだ。

しかし、シュタイナーはデンマークの『Ekstra Bladet(エクストラ・ブラデ)』に次のように語った。

「レースをやっていれば、常に困難なことに遭遇するものさ。だが、我々が解決策を見いだそうと懸命に頑張っているのはみんなも分かっていると思うよ」

「我々はチームとして弱くはないんだ。だからみんなもまだ我々のところで走ることに興味を持っているよ」

最近のうわさによれば、グロージャンの後任候補には現在メルセデスのリザーブドライバーを務めているエステバン・オコンや、今季でルノーとの契約が切れるニコ・ヒュルケンベルグの名前などがあげられているようだ。

「ドライバーたちは今でも我々のところに来て話をしているよ。我々は死んだわけではないからね」

「我々は何度も困難を抱えた。だが、我々はそうした困難な時期を乗り越えて成長できるチームなんだ」

そう語ったシュタイナーは、交渉を行っているドライバーの名前を出すことはしなかったが、次のように付け加えた。

「現時点ではまだ話の域を出ているわけじゃない。もう少し待つ必要があるよ」

最終更新:8/20(火) 11:57
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事