ここから本文です

渋野効果で今季最高を記録 9年ぶりに平均視聴率12%超え

8/20(火) 7:06配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

フジテレビ系列が18日(日)午後4時から85分間にわたって地上波で放映した国内女子ツアー「NEC軽井沢72」最終日の平均視聴率が、大会歴代1位となる12.3%(関東地区)を記録したことがビデオリサーチの調べでわかった。8.7%(同)だった前週「北海道meijiカップ」最終日の今季ツアー最高を更新した。

【画像】シャフトを握りしめる渋野

同大会は2日目終了時点で、通算10アンダーの濱田茉優が首位で、最終日は海外メジャー「AIG全英女子オープン」を制覇した渋野日向子らが優勝争いを繰り広げ、穴井詩がプレーオフを制した。渋野が、決めれば優勝というバーディパットを外した場面は16.8%で、毎分の視聴率では最高だった。

過去10年の国内女子ツアーの平均視聴率(関東地区)12%台は、2009年「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」最終日(11月29日)が12.4%、10年「ダイキンオーキッドレディス」最終日(3月7日)が12.0%を記録している。

■2009年「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」
諸見里しのぶ、横峯さくら、有村智恵の三つ巴による賞金女王争いが繰り広げられた最終日は、日本テレビが午後3時から85分間にわたって放映した。トップと5打差5位から出た横峯さくらは後続に1打リードした通算6アンダーで逆転優勝を飾り、自身初の賞金女王へと上りつめた。

■2010年「ダイキンオーキッドレディス」
米国女子ツアー「ホンダPTT LPGAタイランド」と「HSBC女子チャンピオンズ」で2試合連続優勝を飾った宮里藍さんの3試合連続優勝が懸かり、注目された10年の国内女子ツアー開幕戦。宮里さんが首位と2打差の6位で迎えた最終日をTBSテレビが午後3時30分から84分間にわたって放映した。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事