ここから本文です

加藤浩次 活動再開芸人にエール「亮と宮迫さんは別として、復帰した方には頑張っていただきたい」

8/20(火) 10:33配信

東スポWeb

「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が20日、日本テレビ系「スッキリ」で、闇営業問題での謹慎処分が解け19日から活動再開した吉本芸人について言及した。

 処分解除の19日、「2700」の常道裕史(36)と八十島宏行(35)、くまだまさし(46)、「スリムクラブ」の真栄田賢(43)と内間政成(43)、ムーディ勝山(39)、「ストロベビー」ディエゴ(41)が東京・新宿の劇場でステージ復帰した。

 加藤は「会社の初動が悪くてこんだけ長くなった部分も、僕はあると思うんだけど。みんな知らなかったわけだし、謹慎して奉仕活動、啓蒙活動をしているという中で、春菜、我々はまあ身内といいますか、あれだから…」と近藤春菜(36)に話を振った。近藤は「仲間ですからね。早く戻ってきてほしかったですし、皆さん本当に反省されてるし、啓蒙活動はこれからもしていくし、こうなったことはずっと忘れずに、これからもやっていかれると思うし、お客さんに、ただただ楽しんでもらうってことですよね」とコメント。加藤は「舞台のお客さんって、本当に温かくてありがたい」と感謝。近藤も「本当にありがたいですよね。お客さまのほうから(激励の)声をかけてくれるとか。声を出して笑ってくれることで芸人がどれだけ救われるかって感じですからね。これから行くお客さんは何も考えず、ただ楽しんでほしい」と呼びかけた。

 加藤は謹慎前と変わらぬネタを披露したくまだに「もうちょっとネタを増やした方がいいかな。それが持ち味なんだけど」と出演者を笑わせ「亮と宮迫さんは別として、復帰した方には頑張っていただきたいですね」と続けた。

最終更新:8/20(火) 10:35
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事