ここから本文です

16億円を争う最終戦 ハンディ戦で松山英樹は3アンダーからティオフ

8/20(火) 12:10配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇ツアー選手権 事前情報◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7346yd(パー70)

【写真】ベストアマ獲りました

2018-19年シーズンおよび全3戦のプレーオフシリーズの最終戦は22日(木)に開幕する。第2戦「BMW選手権」を終えてフェデックスカップポイントランキング上位30人が出場。初の大会形式となるハンディキャップ戦で、年間王者の称号とビッグボーナスを争う。

“球聖”ボビー・ジョーンズの里、アトランタでの最終戦はフェデックスカップレース導入から13季目でリニューアルされた。ポイントランクに応じたストロークのハンディキャップを設け、1位のジャスティン・トーマスは10アンダーからティオフ。2位のパトリック・カントレーは8アンダーから。以下、段階的に首位から最大10打の差をつける。

前年までは大会優勝者とポイントレースで決まる年間王者が同一でないケースがあったが、ことしはハンディを含めた72ホールの成績で、ボーナス1500万ドル(約16億円)を手にする年間王者が決定する。

前年大会で5年ぶりの優勝を飾ったタイガー・ウッズは前週、ポイントランク42位に終わり、大会に出場できない。2シーズン連続での年間王者のタイトルがかかるジャスティン・ローズ(イングランド)はランク17位で、初日を2アンダーで迎える。

松山英樹は「BMW選手権」で今季最高の単独3位に入り、ツアー本格参戦初年度から6年連続で最終戦に滑り込んだ。ポイントランク15位は3アンダーからスタート。前年は4位に入った試合でビッグマネーをつかめるか。

<出場選手とティオフ前のスコア>※ポイントランク順
-10/ジャスティン・トーマス
-8/パトリック・カントレー
-7/ブルックス・ケプカ
-6/パトリック・リード
-5/ロリー・マキロイ
-4/ジョン・ラーム、マット・クーチャー、ザンダー・シャウフェレ、ウェブ・シンプソン、アブラム・アンセル
-3/ゲーリー・ウッドランド、トニー・フィナウ、アダム・スコット、ダスティン・ジョンソン、松山英樹
-2/ポール・ケーシー、ジャスティン・ローズ、ブラント・スネデカー、リッキー・ファウラー、ケビン・キズナー
-1/マーク・レイシュマン、トミー・フリートウッド、コーリー・コナーズ、イム・ソンジェ、チェズ・リービー
0/ブライソン・デシャンボー、ルイ・ウーストハイゼン、チャールズ・ハウエルIII、ルーカス・グローバー、ジェイソン・コクラック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事