ここから本文です

【K-1】8.24 魔裟斗 ”着実に強さ”の大岩に皇治がどう戦うかに注目

8/20(火) 16:05配信

イーファイト

 8月24日(土)エディオンアリーナ大阪で開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~』で、スペシャルゲスト解説を務めるK-1 WORLD MAX 2003・2008世界王者の魔裟斗のコメントが主催者を通じて届いた。

【フォト】大阪大会勝利に向け、魔裟斗と全く同じメニューをこなす皇治

 新生K-1として、昨年12月以来2度目になる大阪大会。
 注目カードとして「やはりメインイベントの皇治vs大岩龍矢となるでしょう」と、第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の同門で、今大会に向けて一緒にアメリカ合宿にも行ってきたという大岩龍矢(27=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と、前回の大阪大会に引き続きメインを務める皇治(30=TEAM ONE)の戦いを挙げた。

「6月の両国大会で芦澤竜誠から圧勝を飾って、着実に強さを身につけている大岩龍矢選手を相手に、今回もメインイベントを任された皇治選手がどのように戦うのかに注目しています」と、魔裟斗は語る。

 大岩は今年3月のKrushで林京平を豪快に1RKOし、K-1出場と皇治戦をアピール。6月のK-1両国大会で芦澤竜誠から2度のダウンを奪って勝利し勢いづいている。

 皇治は前回の大阪大会のメインイベントでは、武尊の持つスーパー・フェザー級王座に挑んだが、2度のダウンを奪われ大差の判定で敗北。武尊は初防衛に成功した。
 皇治は2度目となる地元・大阪大会のメインで、今度こそ勝利を飾ることができるか。

 また「前回のライト級トーナメントで見事優勝を飾り、その後に卜部功也を破ってライト級王者に成長を遂げた林健太選手の戦いも見逃せません」と、第11試合の林健太(25=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)vsデニス・デミルカプ(19=トルコ/Elite Training Center/Team Elite)の一戦にも注目している。

 林は今年3月の「K’FESTA.2」で王者・卜部功也の持つベルトに挑戦。下馬評を覆す勝利で、第3代K-1 WORLD GPライト級王座に就いた。

 対するデミルカプはIFMAヨーロッパ王者。試合開始直後から相手に襲い掛かる獰猛さを持つ一方、パンチ・蹴り・ヒザ蹴りと技の引き出しも多く、倒せる武器を幾つも兼ね備えている。

 その他のスーパーファイトについても「今年3連続KO勝利中の木村”フィリップ”ミノル選手や、実力者の野杁正明選手、城戸康裕選手、クルーザー級王者のシナ・カリミアン選手たちが参戦します。残暑の大阪を、さらに熱くするような戦いに期待しています」とコメントしている。

 なお、今大会はインターネットテレビ局「AbemaTV」格闘チャンネルでの生中継が決定している。

最終更新:8/21(水) 23:38
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事