ここから本文です

茨城空港アクセス道路 9月21日 一部供用開始 石岡小美玉IC-国道6号など

8/20(火) 7:00配信

茨城新聞クロスアイ

建設中の常磐道石岡小美玉スマートインターチェンジ(IC)と茨城空港を結ぶ「茨城空港アクセス道路」のうち、同ICから国道6号までの区間など約4・2キロが、9月21日に供用開始される。

同アクセス道路は、県と小美玉市が2015年度から建設を進めている石岡市正上内の同ICから小美玉市野田まで約9・6キロを結ぶ道路。高架橋でJR常磐線をまたぎ、国道6号をトンネルでくぐるなど、慢性的な渋滞を回避できるため、大幅な時間短縮が期待されている。

今回、供用されるのは、同ICから小美玉市竹原の国道6号までの約3キロと、同市竹原中郷から同市三箇までの約1・2キロ。秋の茨城国体・全国障害者スポーツ大会を前に、各会場までのアクセス向上も期待できる。

開通式は同日午前10時半から、国道6号交差部付近の小美玉市竹原で関係者を招いて行われる。供用開始は午後3時。(高畠和弘)

茨城新聞社

最終更新:8/20(火) 7:07
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事