ここから本文です

映画「ライオン・キング」日本語版オフィシャル・ソングを歌うRIRIがビヨンセの新曲「スピリット」を絶賛

8/20(火) 16:15配信

CDジャーナル

映画「ライオン・キング」日本語版オフィシャル・ソングを歌うRIRIがビヨンセの新曲「スピリット」を絶賛

映画「ライオン・キング」日本語版オフィシャル・ソングを歌うRIRIがビヨンセの新曲「スピリット」を絶賛

 1994年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画『ライオン・キング』を、実写とCGを高度に融合させた“超実写版”でリメイクした映画「ライオン・キング」。8月9日の公開から4日間で興行収入は14億4600万円、動員数は98万人を記録し人気を博しています。

 本作は、アフリカの壮大な自然を舞台に、若きライオンの王子シンバの成長と闘いを描いた物語。『ジャングル・ブック』などの作品で知られるジョン・ファヴローが監督を務めたほか、主人公・シンバ役を俳優 / 歌手のドナルド・グローヴァー、メスライオンのナラ役を世界の歌姫ビヨンセがそれぞれ声優キャストとして演じています。

 本作の注目ポイントとして外せないのが素晴らしい楽曲の数々。テーマ曲である「サークル・オブ・ライフ」をはじめ、〈アカデミー賞〉歌曲賞も受賞した「愛を感じて」、人気の根強いナンバー「ハクナ・マタタ」や「王様になるのが待ちきれない」など、どれも耳馴染みのある楽曲ばかりです。また、日本版オフィシャル・ソング「サークル・オブ・ライフ」を担当しているのは、19歳のシンガー・ソングライターのRIRI。“サークル・オブ・ライフ”の壮大さ、力強さを表現できる歌声の持ち主として見事に抜擢されたRIRIは、幼い頃から洋楽を聴き、中でもビヨンセが大好きだと言い、本作のプロモーションやイベントなどでは、まさにそのビヨンセを彷彿とさせるソウルフルで圧巻の歌声を披露しています。

 ナラ役を演じるビヨンセについてRIRIは、「ピッタリだと思います!(ビヨンセは)芯のある強い女性です。ナラもそういうキャラクターなので、マッチしています」とコメント。また、ビヨンセによる新たな劇中歌「スピリット」に関しては、「『スピリット』の“自分のありのままの心の声が聞こえるか”という歌詞や、一人ひとりが自分らしく輝くんだっていう力強いメッセージ性に凄く感動しました」と絶賛。「ビヨンセの歌声や表現力、彼女にしか表現できない楽曲」という、この「スピリット」が流れるシーンについては、「曲と映像もうまい具合にマッチングすると感動的だし、人の心をこんなにも動かせるんだと思いました」と語りました。

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:8/20(火) 16:15
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事