ここから本文です

『モンハンワールド:アイスボーン』新モンスターについて語る「デベロッパーズダイアリー Vol.2」公開─「属性武器」の向上やバランス調整にも言及!

8/20(火) 18:50配信

インサイド

カプコンは、超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(以下、アイスボーン)の最新情報を明かす「デベロッパーズダイアリー Vol.2」を公開しました。

【関連画像】

まずは、『アイスボーン』のストーリーを綴ったPVを紹介。「本作は、各キャラクターのバックボーンに触れられるようなストーリーにしたい」との姿勢から、今回のPVはその特徴を示すような内容になった模様です。


このPVには様々なモンスターが登場しており、個々のモンスターについても言及。「ブラキディオス」は、いくつか新アクションが追加されたり、アクションによって粘菌が爆発する時間がちょっと異なるなど、新たな変化が用意されています。


大きな牙と素早い動きが特徴的な「ベリオロス」は、テンポ感のある“静と動”の緩急ある動きを継承。壁を使うなど、モンスター側も環境を利用した攻撃を繰り出してくるとのことなので、過去作でベリオロスに慣れている方も油断は禁物です。


そして、シリーズ初登場となる「ディノバルド亜種」もPVに登場。この亜種は、「瘴気の谷」に順応したディノバルドとして亜種化しており、通常種が“大剣”をイメージして作られたのに対して、この亜種は“太刀”がイメージに。ハンターの防御力をダウンさせる属性を付与する攻撃もあり、この亜種も手強い存在となることでしょう。


加えて本PVにて、新モンスターとなる「ネロミェール」もお披露目されました。水を使う古龍という点以外の詳細はまだ不明ですが、「遊び応えのあるモンスターになっています」とのコメントが期待をかき立てます。


続いて、既に存在は明らかとなっていますが、詳細についてはあまり明かされていなかった新モンスター「イヴェルカーナ」の新情報を公開。氷を使うイヴェルカーナは、基本的にはブレスという形で冷気を吐き出しますが、色々なものに当たることで氷柱が出来る場合があります。そして、この氷柱を利用した“遊び”が楽しめるとのことです。


またイヴェルカーナは、身体に氷を纏うことで、力を十全に使いこなせる状態になる模様。攻撃して氷を剥がすと、その状態を抑えることができるので、相手に力を発揮させないように立ち回るのが攻略の鍵となるでしょう。


さらに、『アイスボーン』の発売日に配信されるタイトルアップデートについても報告。比較的有用性が低かった「属性武器」の向上や、上位の武器・防具・スキルが出てくるにあたり、“ならし”を行うといった話などが飛び出しました。

各武器に関する修正内容をはじめ、プレイヤーのアクション全般、クエスト/モンスターの調整、ユーザーインターフェース、施設関連、通信関連など、多岐に渡る詳細が明かされているので、気になる方は映像を直接チェックし、『アイスボーン』の発売に備えておきましょう。


(C)CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:8/20(火) 18:50
インサイド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事