ここから本文です

<WOWOWオリジナルドキュメンタリー>「ノンフィクションW パリ・オペラ座バレエ団 オニール八菜 夢の中で踊る」日本人女性ダンサーの2年間の記録

8/20(火) 17:30配信

まんたんウェブ

 WOWOWは「WOWOWオリジナルドキュメンタリー」枠として、国内外のさまざまなテーマを扱ったオリジナルのドキュメンタリー番組「ノンフィクションW」を放送している。8月24日午後4時半からWOWOWライブで放送される「ノンフィクションW パリ・オペラ座バレエ団 オニール八菜 夢の中で踊る」を担当した番組プロデューサーのWOWOW制作部の射場好昭さんに番組の魅力を聞いた。

【写真特集】美しい…パリ・オペラ座の日本人女性ダンサー、オニール八菜さんとは

 ――番組の概要と魅力は?

 オペラ座で踊り始めて現在8年目の26歳、オニール八菜さんの2年間の記録です。

 現在、「プルミエール・ダンスーズ」まで上り詰めて、あとは最高位「エトワール」の指名を待つばかりです。日本人としてはもちろんアジア人として350年のオペラ座史上初のエトワールの誕生となりますが、こんな“偉業”へのチャレンジも、持ち前の明るさ、軽やかさでどんどん自由に羽ばたいている、そんな八菜さんの朗らかな姿を活写できたのではないかと自慢のドキュメンタリーです。

 ――今回のテーマを取り上げたきっかけと理由は?

 パリ・オペラ座バレエ団の公演は、WOWOWでも連続的に放送している中、現役で評価もきわめて高い日本人女性ダンサーがいる、ほとんどがフランス人で占められる中で、最高位エトワールに挑戦しているすごい日本人がいると聞いて、興味を持ち、来日公演の際に実際に踊りを拝見し、オファーしました。

 ――制作中、一番に心がけたことは?

 バレエのドキュメンタリーは、血のにじむような努力、根性ものというのが多いような気がします。オニール八菜さんについても、現地の先生がたの多くがトライバイアント(努力家)、あきらめない忍耐力を褒められる方々がとても多かったのですが、等身大の八菜さんは、いつも軽やかで、朗らかで……。そんな旧来型の努力ドキュメンタリーの型に収まらない八菜さんにふさわしいドキュメンタリーになるように心がけました。

 ――番組を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったエピソードは?

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 17:30
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事