ここから本文です

戸上隼輔、男子シングルス2連覇達成 名電勢を連破<卓球・インターハイ2019>

8/20(火) 15:37配信

Rallys

20日、インターハイは最終日を迎え、男女シングルスの準々決勝から決勝が行われた。

男子シングルスでは、戸上(野田学園)の2連覇に注目が集まっていた。また、女子シングルスではベスト8に残った全員が初優勝を目指していた。

【写真】戸上隼輔、涙の2連覇達成

男子シングルス結果

<準々決勝>
◯戸上(野田学園) 3-0 曽根(愛工大名電)
加山(愛工大名電) 2-3 ◯谷垣(愛工大名電)
阿部(希望が丘) 2-3 ◯新名(明徳義塾)
◯篠塚(愛工大名電) 3-1 手塚(明徳義塾)

<準決勝>
◯戸上(野田学園) 3-0 谷垣(愛工大名電)
新名(明徳義塾) 0-3 ◯篠塚(愛工大名電)

<決勝>
◯戸上(野田学園) 3-2 篠塚(愛工大名電)

男子シングルスは、戸上(野田学園)が2連覇を達成した。

戸上は準々決勝で曽根、準決勝でも谷垣と愛工大名電勢を撃破して決勝へ。決勝でも篠塚(愛工大名電)との対戦になった。

一方の篠塚は、準々決勝で前大会ベスト4の手塚(明徳義塾)を破ると、準決勝では同じ1年の新名(明徳義塾)を下し決勝へ。前大会王者の戸上との対戦となった。

試合は篠塚が1ゲームを先取する展開に。7-10とリードされてから5連続得点で逆転し重要な最初のゲームを取った。その勢いのまま2ゲーム目も篠塚が5-1とリードするも戸上も底力を見せる。

2、3ゲーム目は激しいラリーの応酬の中、戸上が着実に点を重ねていき2-1とゲームカウントでリード。4ゲーム目は、お互いネットやエッジボールといった不運なポイントもあり、流れが行ったり来たりしたが、1年生とは思えない冷静さをもつ篠塚がこのゲームを奪取。

決勝は最終ゲームへもつれ込む展開となった。序盤から戸上がリードを維持しながら試合は終盤へ。篠塚のサーブがエッジにあたり9-8になったところで戸上がタイムアウト。タイムアウトで気を持ち直し、最終ゲームは11-9と最後までもつれ込んだが、戸上が勝利した。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 15:37
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事