ここから本文です

【ボクシング】船井龍一が引退発表、今年5月に世界王者アンカハスに挑み敗戦

8/20(火) 18:55配信

イーファイト

 第39代日本スーパーフライ級王者でWBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王座も獲得した船井龍一(34=ワタナベ)が20日、自身のSNSで引退を発表した。

【フォト】初の世界戦でアンカハスに打ち込まれる船井

 船井はIBF世界スーパーフライ級1位にランクインし、今年5月4日(日本時間5日)アメリカにて、プロデビューから15年で初の世界戦に挑戦。井上尚弥の宿敵とも言われた王者ジェルウィン・アンカハス(27=フィリピン)に挑んだが、7回開始直後に顔の腫れが激しくドクターストップによるTKO負けとなった。アンカハスが7度目の防衛成功となり、これが船井の最後の試合となった。
 プロ戦績は39戦31勝(22KO)8敗。

 船井はSNSで「ボクシングを引退することにしました。応援ありがとうございました!  今後ボクシングとはSOETE、ZEROジム、フジマキックムエタイジムでボクシングトレーナーとして携わっていきます。普段はmr.chickenでオフィス街にキッチンカーを出しているので皆さん来てください!」と発表している。

最終更新:8/20(火) 19:03
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事