ここから本文です

菜七子 ばんえい競馬で総合7位「罰ゲームやらずに済んでよかった」

8/20(火) 11:31配信

東スポWeb

 18日の新潟競馬で2勝を挙げ、自身が持つJRA女性騎手年間最多勝利記録(27勝)に王手をかけた藤田菜七子(22=根本)が、一夜明けた19日、北海道・帯広競馬場に登場。昨年に続き、ばんえい競馬に挑戦し、ファンの大喝采を浴びた。

 中央競馬の騎手が招待される毎年恒例の「JRAジョッキーDAY2019」に参加した菜七子は、エキシビション2レースに騎乗。合間に行われたトークショーでは、体調不良のため欠場した横山和生に代わり駆け付けた横山典弘から、エキシビション最下位の罰ゲームとなる「せんぶり茶を菜七子ちゃんが飲む姿を見たい」と挑発されたが、騎乗した2レースとも9頭中7着で入線して総合順位も7位。何とか罰ゲームは回避した。

 菜七子はレース終了後、「罰ゲームをやらずに済んでよかったです(笑い)。馬が頑張っている姿を見て、乗りながら心の中で応援していました。今年もすごく楽しかったですし、また参加させていただきたいですね」と振り返った。

 今後は札幌競馬場に移動して調教に騎乗予定。初出場となる週末の「ワールドオールスタージョッキーズ」についても「楽しみにしています」と笑顔を見せた。

最終更新:8/20(火) 11:34
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事