ここから本文です

「バイクの日」ヘルメット適正使用を 芸能人ら都内で呼び掛け

8/20(火) 8:26配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 日本自動車工業会(自工会)と日本二輪車普及安全協会は「バイクの日」の19日、オートバイの魅力を発信するイベントを都内で開いた。タレントの大原優乃さんやお笑い芸人がツーリングの楽しさを紹介し、ヘルメットのあごひもの適正使用を呼び掛けた。

 お笑いコンビ「とろサーモン」の村田秀亮さんは「バイクにテントを積んで静岡の山の中に行って、たき火をして星を見る。気がついたらめちゃくちゃ泣いている。すっきりして次の仕事に向かう」とエピソードを披露。自動二輪の免許を持っていないという大原さんは「私もバイクデビューしたい」と関心を寄せた。

 会場にはヤマハ発動機、スズキ、ホンダ、カワサキの4社の主要モデルも展示された。自工会二輪車特別委員会委員長を務める日高祥博ヤマハ発動機社長は「交通安全を再認識し、バイクに親しんでほしい」とあいさつした。

静岡新聞社

最終更新:8/20(火) 8:26
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事