ここから本文です

韓日軍事協定の延長「決まっていない」 韓中日会談へ出発=韓国外相

8/20(火) 10:07配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は20日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長問題について、「まだ検討している。決まったことはない」と明らかにした。中国・北京で21日に開かれる韓中日3カ国外相会談に出席するため、金浦国際空港を出発する前に記者団に述べた。

 協定の更新期限は24日で、韓国政府は21日に開かれる予定の韓日外相会談の結果などを踏まえ、延長するかどうかを決めるとみられる。

 康氏は韓日外相会談に関して、「(日本の)輸出規制問題などについてわれわれの立場を積極的に伝える準備をしている」と述べた。

 両国の対立が続く中、今回の会談が局面転換の契機になることを期待しているかどうかについては、「状況は非常に厳しい」として、「われわれの立場を積極的に伝えるが、実に難しいので気持ちが重い」と心情を吐露した。

最終更新:8/20(火) 10:42
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事