ここから本文です

堂安 気になるPSV移籍問題の行方

8/20(火) 16:40配信

東スポWeb

 オランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律(21)はどこに向かうのか。0―0で引き分けた18日のAZ戦を欠場。現地メディアでは、すでに取り沙汰されている同1部PSVアイントホーフェン移籍への布石との報道もあった。

 だが、オランダ紙「テレグラフ」によると、フローニンゲンのダニー・バイス監督(37)が欠場の理由を体調不良による頭痛と説明。「(スタジアムに向かう)バスに乗っていたときから調子がよくなかったのでドクターに薬をもらっていた。ウオームアップの段階でプレーできていなかった」と話し、去就とは無関係と強調した。

 その一方で、堂安がPSVと接触したとも報じられた。堂安は同紙に「彼ら(PSV)とは6年前から連絡を取り合っているし、オファーが実現することを願っている」と発言。さらに同紙は「堂安はPSVの具体的な関心を確認してステップアップを望んでいることを示した」。ちなみにフローニンゲンは堂安の移籍金を1000万ユーロ(約11億8000万円)に設定している。夏の欧州移籍市場の締め切りは9月2日午前0時(日本時間同午前7時)まで。どのような決着を迎えるのか注目だ。

最終更新:8/20(火) 16:44
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい