ここから本文です

武田航平、『仮面ライダーグリス』海外上映決定で次回作に意欲

8/20(火) 17:32配信

シネマトゥデイ

 俳優の武田航平が20日、都内で行われたVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』の完成披露舞台あいさつに出席、上海での上映が決まったことを改めてファンに報告し、「『最後最後詐欺』じゃないけど、これがライダー最後かもって言ってきたんです。けれども、この後も上海で上映が決まっていて、もしかしたら中国でもライダー作れるかもって(期待の思いがある)。これはまだ夢の途中」と次回作に期待を寄せた。

武田航平&高田夏帆のキュートなハート!【イベント写真】

 本作は「仮面ライダービルド」のその後を描くスピンオフ作品『ビルド NEW WORLD』の第2弾。ビルドシリーズ最終章として、仮面ライダーグリスの活躍にスポットを当てる。この日、壇上にはシリーズのオリジナルキャストである武田のほか、高田夏帆、越智友己、水上剣星、赤楚衛二、さらにTVシリーズで惜しまれつつも退場した栄信、芹澤興人、吉村卓也の三羽ガラスも本作のメガホンをとった中澤祥次郎監督と共に登壇した。

 猿渡一海/仮面ライダーグリス役の武田は本作のオファーをもらった当時を振り返り、「まさか自分が仮面ライダーの主役をやるとは思わなかったので嬉しかった。ビルドに参加した時、この場に立てるとは思っていなかった」と感慨深げ。栄信と上野で飲んでいる時にLINEで大森敬仁プロデューサーに本作の実現を懇願していたといい、「まさか実現すると思わなかった。そうなるとなった時は嬉しかったし、みんなで頑張ろう系の作品で、いろんな人が作ってほしいと声をあげてくれて実現できた。みんなで作った作品だと感じています」と笑顔で語った。

 劇中では高田との純愛シーンもあるそうで、高田はそのシーンを振り返って「こっぱずかしかったです。こんなシーンはなかなか撮ったことないんです。プライベートでも告白とかしたことないので、武田さんが初めての相手です」と嬉しそうにコメント。「カメラの向こうにいてくださったんですけど、告白した時ニヤニヤしてくださっていてそれが嬉しかったです」と続けると、武田も「思わず可愛いって言っちゃったんだよね~」とニヤニヤ。

 告白シーンは高田の甘い一面が見られるというが、それは周囲のリクエストに応えてのものだといい、高田は「最初は突き放す感じで言っていたんですけど、もっと甘く言ってほしいという(キャストやスタッフの)男性陣のリクエストもあり、甘々でいきました」と照れくさそうな様子を見せる。武田はこの告白シーンがお気に入りのようで、「付き合ってくれと言うタイミングが絶妙でした」と高田を絶賛していた。(取材・文:名鹿祥史)

『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』は9月6日より期間限定劇場上映 11月27日にブルーレイ&DVD発売

最終更新:8/20(火) 17:44
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事